会員ページ海外便り年報リンクスタッフページ

お知らせ

 

初診受付日:未定

今回の受付は終了しました。

   月  日(  )

スタッフ募集

非常勤心理スタッフ

よこはま発達クリニックメールマガジンのご登録・変更・解除

この度、案内メールの配信システムを メルマガ(コンビーズメール)システムに切り替えることとなりました。

お願い

他機関等の紹介のご依頼・発達障害一般に関するお問い合わせについて

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。ご連絡も不要です。
出来れば関連のあるサイトであればと思っております。

ネットで受講できる家族で理解する発達障害基礎講座

(運営協力: 株式会社ソラスト)

⇒詳しい講座内容・プレ講座視聴はこちら

 

よこはま発達クリニックは発達障害専門のクリニックです。私たちは発達障害の子どもと大人、その家族がより充実した穏やかな日々を過ごせることを目標としています。私たちが提供しようと思っていることは正確な診断、評価を基礎とした援助の方針の設定です。院長 内山登紀夫

お願い

当院では当院患者さん以外の方からのメール・電話・手紙などによる相談や医療・療育機関の紹介等に関するお問い合わせに応じることができません。 また、受診をご希望の方はクリニック紹介を確認の上、初診受付日にお電話をして下さい。

ネットで受講できる発達障害基礎講座配信開始

  詳しくはこちらへ  

セミナー・講座・ワークショップ 最新情報

最新書籍・DVD情報

自閉症・アルペルガー症候群 「自分のこと」のおしえ方 

ー診断説明・告知マニュアル ー

「ぼくって自閉症なの?」

・・・周囲と違うと気づき始めた子どもへの「説明という支援」の実践的マニュアル。診断説明までの準備や伝えた後の継続的な支援についても詳しく解説されています。

吉田友子著 学研教育出版 2011/5

特別支援教育をすすめる本

・いったいどう対応すれば? と悩んでしまう子どもたちの行動を取り上げ、まずはその場面での実際的な対処方法を紹介。とっさの場合に役立つ方法が満載です。

・発達障害のある子に対して、通常の指導がうまくいかない理由を、それぞれの子どもの特性などを中心に考えます。そのうえで、特性に合わせた支援プランを具体的に紹介していきます。

・4巻『ワークブックで考えよう』では、先生と子どもたち、または子どもたち同士の会話で展開され、読み進めるうちに一緒に考えを深めていくことができます。また、各テーマごとに「クイズ」がしかけてあります。本の中の子どもたちと一緒に答えていくことで、理解が確かなものになっていく一冊です。

ミネルヴァ書房のホームページはこちから

高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て 改訂版

当クリニック吉田友子医師が執筆。「子育てに悩むご両親のために、第一線の専門家が精魂傾けて書いた本。わかりやすさと学問的な正確さが見事に両立しており、全く予備知識のない人でも、自閉症スペクトラムについて最新の確かな知識と子育てに実際に役立つアイデアを得ることができる。親御さんはもちろん、幼稚園・保育園や学校の先生にも一読をお薦めしたい。」(当クリニック内山登紀夫院長推薦文より) 本書は高機能自閉症の幼児〜学齢早期の子どもを想定して書かれているが、自閉症支援のポイントはより年長の子どもにも軽度遅滞を伴う子どもにも応用できる、活用範囲の広い一冊。きょうだい児のケアにも言及。


『親と教師のための自閉症の子どもの評価』全4巻
新DVD『親と教師のための自閉症の子どもの評価』全4巻 頒布中

自閉症の人たちを正しく支援する上で、すべての基礎となる評価。 文字情報などではお伝えすることが難しかったこの評価について、 詳しく、具体的に、分かりやすく映像化することに成功しました。 前作の「親と教師のための自閉症の子どもの自立課題」(全3巻) へとつながる内容は、画面を見ながら一緒に評価をして学べる ように構成され、自閉症の人一人ひとり とりに合った支援の方法 や考え方の基礎をつくるきっかけとなることでしょう。

朝日新聞厚生文化事業団のホームページはこちら

きみもきっとうまくいく 改訂版 子どものためのADHDワークブック

子どもが多動,注意,集中,衝動で心配なとき,具体的・実用的な対応がわかるワークブック,待望の改訂版。大きな字で,イラストも多く,親子,児童と教師で読むのにぴったり。

キャスリーン・ナドー,エレン・ディクソン/著 水野 薫/監訳 内山登喜夫/医学監修 ふじわらひろこ/絵

ぶどう社のホームページはこちら

自閉症の特性理解と支援

発達障害専門の児童精神科医が書いた本です。 先生方にも、親の方にもわかりやすい。 自閉症の人の世界を紹介しながら、自閉症の特性に沿った支援を、どうつくりだしていけばよいか。 その方法や工夫を具体的に紹介する。

著者:藤岡宏

ぶどう社のホームページはこちら

『わかる・できる!親と教師のための自閉症の子どもの自立課題』

「自分はできるんだ」という感覚を養い、いろいろなことに取り組もうという意欲を育て、将来の自立した活動につながる『自立課題』。自閉症の子どもたちが意味ややり方を自分で理解し、人の指示や手伝いを受けないで1人でできる課題のことです。この自閉症の子どもたちの自立課題について、詳しくやさしく解説をしながら紹介した画期的なDVDがついに完成しました。

朝日新聞厚生文化事業団のホームページはこちら

本当のTEACCH -自分が自分であるために-

自閉症の子どもや大人への、現在の最も実践的で優れた対応であるといわれるアメリカのノースカロライナ大学で始められたTEACCHについて、基礎の入門から実践・専門編までを分かりやすく解説する。我が国における誤った理解などにも言及する。

内山登紀夫[著]

学習研究社のホームページはこちら

みんなとちがった人たち-自閉症の英雄のこと-

子どもから大人まで一般の方もおおいに楽しめますが、特に自閉症のお子さんをはじめ、親御さん、きょうだい、教師、療育・支援者にとっては価値ある資料となるでしょう。

著者:ジェニファー・エルダー ・絵:マーク・トーマス&ジェニファー・エルダー ・翻訳:牧野恵 ・まえがき:内山登紀夫

スペクトラム出版社のホームページはこちら

ふしぎだね!?LD(学習障害)のおともだち

神奈川LD協会 (編集), 内山 登紀夫

ミネルヴァ書房のホームページはこちから

ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち

えじそんくらぶ 高山 恵子 (編集), 内山 登紀夫 (監修)

ミネルヴァ書房のホームページはこちから